騒音と争い

騒音は苦手だ。雑音も苦手だ。以前と比べれば、こういう音に苛立つこともなくなったけれど。騒音を心地よいおとに変換してくれる装置があると便利そうですけどね。自宅にいれば、基本的に外での音が聞こえないので必要なさそうですが。

音の中でも一番苦手なのは、怒鳴り声だ。怒鳴り声はだいたい感情的になりすぎている人から発せられる。感情的になっているからといって、必ずしも怒鳴るわけではないですけどね。そもそも、怒鳴るほど感情的になっても物事はうまく進まないと思っているのだけれど、そこまで感情が高ぶる何かがあったのは理解できる。第一、怒鳴るという行為は誰かに対して行われているわけです。そこで、聞いている相手も冷静に判断できなくなり感情的になり、感情のぶつかりあいになる。ま、解決困難な状況になるのは間違いない。自分も怒鳴るほど感情的になることだってあるかもしれないけれど、そういう場面に遭遇したことがあまりない。

大平俊介の大学受験

普通の人生でいいんじゃないか

普通の人生。一見、単調でつまらなさそうだけれど、実は普通の人生が一番楽しいのではないかとこの頃思うようになっている。日常の些細なことに幸せを感じる。家族との会話。おいしい料理を食べた時の喜び。美しい景色をみて満たされる。ちょっとしたことに価値を感じる。でも、感じている本人にとっては、ちょっとしたことではない。

社会に身を置くと、どうしても社会で認められやすい目標を掲げやすい。例えば、有名大学出身、有名企業へ入社・昇進。私はこれらの目標を否定することはできない。なぜなら、そうやって生きてきたから。でも、目標と価値観を同じ領域のことと考えると人生に楽しみを感じなくなる可能性があることに気が付いた。価値観を大切にした結果、目標は達成されるのであって、社会的に認められやすい目標を達成したから、自己に価値観が生まれるわけでないということ。もちろん、この文章はある人にとっては正しく、ある人にとっては絵空事。人はどこまでも主観的な存在。
銀座カラーで脱毛

技術の養成と日々の学習

技術を学ぶ。技術的なことには、背後に一般人には到底理解できないような理論があることがある。理論そのものを軽視するのは危険だけれど、理論ばかり学んでいれば技術の習得はかなり困難になる。

技術を学ぶ時に一番やってはいけないのは、実践する機会を持たないということ。実践する機会がなければ、仮にノウハウを教えてもらっても深い理解にはいたらないし、何より結果が出せない。自転車の乗り方は説明できるけど、自転車には乗れない。こういう状態ににている。それでも、自転車の仕組みを知りたい場合は勉強すべきだと思いますが、本来の目的が安全に自転車に乗ることであれば、そちらに注力したほうがいいに決まっている。

実践する機会。これは思考実験的な要素が多い技術の場合でもそうでない場合でも、強制的に作り出して取り組んでいく必要がある。ただ、知識を身につけるための実践だと内容が無味乾燥になりがちなので、プロジェクトという形で取り組んでいく必要がある。成果を得ることで、新たな学びへのモチベーションにもつながる。

この際、プロジェクトに対してフィードばっくしてくれる人がいると尚いい。そこからも多くのことを学べるから。ま、学び方は人それぞれですが、アウトプットを意識して学ばないと使い物にならないのは確かだ。
育毛 サプリメント

髪と頭皮の悩み

髪の毛と頭皮の悩みは尽きることがないかもしれない。髪の毛の調子、頭皮の調子。どちらもわけて考えることはできないのだけれど、対策しようと思うと特化した製品を使ってしまう。例えば、髪の毛のツヤが気になる場合はシャンプー。フケが気になる場合は、専用の育毛剤などなど。

でも、髪の毛はどこから生えるのかという当たり前の質問をするだけで、何を重点的に対策していけばいいのかわかってくる。頭皮です。毛根レベルで対策するのは簡単ではありませんが、少なくとも頭皮の血行を良好にして、栄養を届けてあげれば、髪の調子は良くなることが多い。その上で、髪の毛のケアに特化した商品を使用することがベストなのかなと思う。

あとは、ストレスの少ない生活や正しい食生活というのも頭皮や髪の調子を整えるのには効果的と言われている。対策することが多いですね。
ポリピュアの育毛効果はどのくらいか

赤ちゃんと髪の毛の悩み

昨年生まれたばかりの赤ちゃんが自宅に遊びにきた。笑顔がとてもかわいい。歩けるようになったようですが、まだまだ不安定らしく気が気でないらしい。他にも気になっていることがあるらしい、「髪の毛」のこと。髪の毛が産毛のようでしっかりと生えてこないらしいのです。確かに、見た感じ他の赤ちゃんと比べると薄毛な様な気がする。参考になるかわからないけど、私が小さい頃も薄毛らしく、親がかなり心配したらしい。そして、今も育毛剤いらずの状態。とはいえ、あまりに心配する時間は、小児科の先生に相談したらとアドバイスした。さすがに、育毛剤をしようするのは問題ですからね。育毛剤は成分が染み込んでいくのでこれから成長していく赤ちゃんにとってどういう影響があるのか未知数ですし、育毛剤には年齢制限がありそうですからね。

初めて赤ちゃんを育てるのは、何が正しくて悪いのかがわからないので、イロイロなことに不安に感じてしまうのでしょうね。それでも、無邪気に笑っている姿を見るとそんなものは吹っ飛んでいきそうな気もします。
育毛剤bubkaで髪の毛スクスク

経済と移住

昨晩、NHKで新富裕層と呼ばれる人が日本を離れ、シンガポールなどへ移住しているという内容の番組を放送していた。税率、ビジネスチャンスなどが日本のそれと比べると魅力的であるという点が強調されていたように思う。

海外へ移住すること自体そんなに珍しいことではないのですが、起業マインドに優れている人達が、日本を見限るというのはなんだか不思議な気もする。今後この流れは加速するのだろうか。

グローバル化は結局お金持ちがさらにお金をてに入れるチャンスが増える特徴があるので、お金を求め続けようとすれば条件のよい国でビジネスを始めるというのは理解できる。

富はグローバル化しなくても十分に拡大できる。お金は富の一部だけれど、富はお金ではない。とは言え、お金というのはわかりやすいツールですからね。ま、皆楽しく暮らせればどんな生き方をしてもいいと思うんですけどね。無言の価値観の押し付けには気をつけないといけませんけどね。ヒルズダイエット パステルゼリー

キャリアチェンジと大学

キャリアチェンジをしたい。こんな方は案外多いかもしれない。仕事は始めて見ないとわからない部分が多く、ある程度の経験を積むといやでも自分がわかってくる。そのまま仕事を続けるという選択もあるけれど、キャリアチェンジという選択もある。

キャリアチェンジをする場合、専門知識が必要になる場合は、大学へもう一度通うことになる。もちろん、大学へ通わなくても直ぐにその業界へ飛び込むということも可能。目的によって大学へ通うべきかどうかが変わる。医師になりたいなら当然大学へ進学する必要があるだろうし、漁師になりたいのであれば、すぐにでも現場へ行ったほうがいいでしょう。

学び続けることができれば、恐らく年齢は関係ない。キャリアチェンジをしようと思うとどうしても年齢などが気になってしまい諦めてしまうことがありますからね。
山形 温泉

妄想と仕事

なんで仕事が終わるのがこんなに遅くなるのだろうか、といつも思う。このブログを書いているのは、20時前。とはいえ、出社するのが早いので感覚的には23時を超えてる。効率を追い求め続けることによって、限られた時間で多くのことができるようになった。ただ、次から次へと仕事は沸いて来る。部下にも仕事を振ってもまだ仕事がある。

効率を追い求める。時には必要。だけれど、根本的な問題が解決できなければ、効率を追い求めても効果が薄いことがある。

こんなこともあり、今日は自分の仕事を詳しく紙に書き出し分析してみた。一先ずわかったのは、会議が多すぎるということ。今日は会議が少なかった日ですが、これでも多い。会議。聞こえはかっこいい。ただ、問題もある。本当に必要な会議は、月に一回あるかないかだ。それ以外の会議は、情報共有という名目の時間つぶしでしかない。そもそも社内インフラが整っていて、情報は共有されている。にも関らず、さらに会議で情報を共有するというのは、時間の無駄になりがち。また、会議が頻繁にあれば、入念に準備することもできなくなり1回当たりの質は大幅に下がる。質の低い会議を何回開いても生産性は上がらない。

また、社内インフラを有効に活用できていないことによって不必要な会議がふえているのであれば、ここに解決すべき問題がありそうだ。もちろん、社内インフラを活用しない人たちの行動も追跡し分析する必要もありそうだ。

ポリピュア 育毛剤

真夏のゴルフ

真夏のゴルフ。数年前、猛暑の日にゴルフをして熱中症にかかったことがある。その日は、朝から蒸し暑く頭がボンヤリしていたので、嫌な予感はしていた。仕事の付き合いだったのでキャンセルするわけにはいかなかった。

体調が良くない状態でゴルフをしても良いスコアが出るとは思っていなかった。体調の悪さと比例するようにコースを周る度にパフォーマンスは落ちていった。幸いなことに、私と一緒にコースを周っていた人も体調が悪そうだった。

ゴルフはなんだかんで運動量が多い。肌寒い日でも汗ばみますからね。だから、夏の間の発汗量は非常に多いはずだ。気を抜いていると調子が悪くなっていることに気が付きにくいこともある。炎天下でコースを周るときは水分補給は欠かせないですが、ゴルフのことで頭が一杯になると水分補給すら忘れる。

さて、プロゴルファーの中には、ゴルフを教えることにたけている人がいる。雑誌やビデオなどで頻繁に出てくるプロは教育に力をいれていることが多い。どうせなら、トッププレーヤーから学んだほうがいいのではないか、と思ったりもするのですが、名選手は名監督になるとは限らないということが、ゴルフにも当てはまると思う。ちなみに今私が取り組んでいる教材に小原大二郎プロのものがある。

数年前までは、小原プロの存在すら知らなかった。そんな調子だったので、教材を購入するかどうかかなり迷ったけれど、お金を出して学んだだけのことはあったなと今では思う。今でこそたまに雑誌で見かけますが、昔はほとんど知られていないゴルフ教材だった。

真剣さとゲーム

ゲームと現実。大きな違いは、現実ではリセットできないというところ。ただ、現実の世界もゲームに相似している。これらは全く別物ではないからだ。それもそのはず、ゲームは人が作っているものですから。どんな斬新なものでも、社会的なバックグラウンドを共有していることで理解できる。だから、評価も可能。もし、そうでなければ、恐らく斬新さとは理解されないだろう。

現実世界を真剣にいきている人がいる。ちなみに、ここで言う真剣さは、融通の無さを意味していない。真剣にいきていると、現実世界もゲーム性で溢れていることに気が付く。仕事だって、スポーツだって、なんでもそうだ。例えば、仕事で営業をしていれば、多くのお客さんに喜んでもらって、契約してもらうというゲーム。スポーツは言うまでも無いでしょう。ゲームとは一見関係無さそうな、政治だってゲーム性に溢れている。

現実世界とゲームを結びつけると何か良い点はあるのだろうか。一つは、真剣になり過ぎないということ。真剣になりすぎると、ほとんどの場合融通の無さが顔を出し始める。トレンドを見失い、自分を正当化することに満足してしまう。こういう考え方に魅力を感じる場合は、否定はできない。ただ、時代は常に変化していく。守るべきと捨てるべきもののを判断することもまた生きること。文化を守ることと、変えないことは同じ意味でないこととにている。ミュゼプラチナム 渋谷

WordPress Themes